カラダ × 知る × 習慣

ログイン

マイページについて

バリアチェック

バリアチェックよくあるご質問


FAQ

【第2弾】バリアチェックの検査レポート

本日は免疫検査「バリアチェック」のプロダクトマネージャー(担当)の朝川が実際に受けてみた検査結果をレポートします!バリアチェックでどんなことが分かるか、ぜひ参考にしてみてください!

まずは、朝川のプロフィールのご紹介

免疫検査「バリアチェック」で測定している免疫物質”IgA”は、唾液中に存在する免疫物質で、病原体などの異物が私たちのカラダに入らないよう守っています。このIgAは年齢、性別だけでなく、睡眠、ストレス、疲労感、運動などの生活習慣と関わりがある事が分かっています。
主観的には、体調はここ1年以上風邪をひいておらず、昔からカラダが弱いタイプではなかったのでIgA高いのではないかと思っていますが、結果はどうでしょうか、、?

朝川の”IgA”はどのくらい?

免疫検査「バリアチェック」では①唾液中のIgA値、②全国データと比べたIgAランク、③生活習慣の振り返りが結果表から分かります。

それでは結果を見てみましょう!

第1回 9月の結果


朝川の結果は、43µg/min、全国データと比較したIgAランクはCランク。
予想としては自分はBランクくらいではないかという自信があったのですが、予想より低かったです。。。

生活習慣の振り返りではストレス、運動が改善ポイントとして書いてありました。よくよく考えるとこの時期はバリアチェックの発売開始前でバタバタ、プレッシャーでストレスも多かったので、疲労感やストレスによって低下するというIgA値が低かったことに納得です。

約1か月後、リベンジも兼ねてもう一度検査をしてみました。9月は主観的にも疲れていた時期だったので、2回目は体調も良く、あまり疲れていない日に測定を行いました。

それでは2回目の結果を見てみましょう!

第2回 11月の結果

2回目の結果は、133.6µg/min、全国データと比較したIgAランクはBランク。
この時期は疲労感が低く、割と穏やかに過ごせていたので、IgAも少し高かったのかな?という感想です。

過去のデータと比較ができる

今回は2回の検査結果を比べてみましたが、免疫検査「バリアチェック」では直近4回分の検査結果を比較することができます。IgA値は疲労や生活習慣とも関わりがあり変化するといわれています。IgA値と体調や生活習慣と比較することで、自分に合った生活習慣や免疫対策を見つけるヒントにしてみてください!

▼これまでのコラムについてはこちらから
[リンク] 免疫検査「バリアチェック」の開発ストーリーをご紹介します!

[リンク] 免疫検査「バリアチェック」の研究をちょこっとご紹介します!

 

-
【第1弾】バリアチェックの研究をちょこっと紹介します!

だんだんと寒くなってきましたね。乾燥に弱い私は先日のどが痛くなりヒヤッとしました。。。皆様は元気にお過ごしでしょうか。さて、免疫検査「バリアチェック」の開発ストーリーはお楽しみいただけましたでしょうか?
⇒前回のバリアチェック開発ストーリーが気になる方はこちらをクリック

今回は、バリアチェック開発のための研究から、季節の変わり目の関心ごと、「免疫」とその対策についてユーザ―様にご協力いただいたアンケート結果をご紹介します!

【免疫アンケート結果】免疫のために何してる?

アンケートは、免疫検査「バリアチェック」の開発を目的に今年2021年4月3日~24日に20~70代の930名の方々にご協力いただきました。

対策していても不安、、免疫対策をしている人は〇割、しかしそのほとんどが対策を不十分と感じている!

アンケートの結果では「免疫を高めることを目的として対策を行っているか」との質問に対して73%が何らかの対策を行っていると回答していました。しかし、「免疫を高めることを目的としてなんらかの対策をしている」と回答した方の84%がご自身の行っている対策を不十分と思っていることが分かりました。

免疫の為に行っている対策

左:図1.免疫を高めることを目的とした対策を行っている人の割合
右:図2.行っている対策を不十分と思う人の割合

皆が行っていた”免疫対策”第1位は、、、「栄養バランス」

免疫対策ランキング

表1.免疫のために行っている対策

研究参加の皆様が行っていた免疫を意識した対策、第1位は「栄養バランス」でした。毎日の食事を栄養バランスよく、しっかりとることが大事ということはわかっていても、やはり毎日栄養たっぷりの献立を考えたり、意識して食事をとることは正直大変ですよね。免疫のために対策を行っているけれど、十分でないと感じる理由もこういったことに関連しているのではないでしょうか。また、やはり免疫が目に見えないものなので、免疫が高まっているのか、下がっているのか実感が持てないというのも大きな理由かもしれません。

腸活がカギ?意識的に食べているもの第1位は食物繊維!

免疫の為に食べている食べ物

表2.免疫の為に意識的に食べているもの

 

免疫の為に意識的に食べているものは何ですか?との質問を行ったところ、第1位は、きのこ・海藻・全粒穀物・玄米などの食物繊維でした。トップ5を見てみると、食物繊維、乳酸菌飲料、発酵食品、野菜と4つが腸内環境に良いとされる食品で、腸活への関心の高さを感じました。

「腸」を制するものは免疫を制す

免疫細胞の70%は腸に集まっているのをご存じですか?腸は栄養分を吸収するだけでなく、体内に侵入してきた病原菌も退治しています。つまり、腸内環境を整えることは免疫機能を維持、高めるためには欠かません。
コロナに加えてインフルエンザも気になり始めるこの秋は、実は腸活を始めるのにピッタリです!秋の味覚サツマイモやキノコは食物繊維が豊富です。旬の食材も取り入れて楽しく腸活しましょう。

 

免疫細胞はたんぱく質がカギ

たんぱく質は筋肉や骨、皮膚、臓器など体のあらゆる部分を構成しています。そして実は、免疫細胞の材料でもあります。不足すると免疫細胞が作れないだけでなく、その働きも悪くなり、免疫機能の低下につながります。近年、日本人の多くはたんぱく質が不足しているといわれています。コンビニやスーパーにも手軽にたんぱく質を補給できる商品が多く並んでいます。動物性(肉、魚、卵)と植物性(大豆、米、小麦等)どちらもバランスよく摂取しましょう。

 

次回はバリアチェックを受けてみたレポートをお届けします!

9月29日に新発売した免疫検査「バリアチェック」、皆さんすでに受けて頂けましたか?嬉しいことに予約開始か沢山のお問い合わせがあり多くの方にお受けいただいております。次回は、バリアチェックプロダクトマネージャー朝川の実際に受けてみた検査結果をレポートします!お楽しみに♪

免疫検査「バリアチェック」

 

-
免疫検査「バリアチェック」開発ストーリーのご紹介!

IgA_CP_comic_1IgA_CP_comic_2IgA_CP_comic_3EC_coupon_banner2

amazonへ

-
バリアチェック

あなたのカラダは「2つの免疫隊」によって守られている!

免疫最前線で闘う”IgA”とは?

粘膜免疫の指標の一つに「IgA抗体」と呼ばれる物質があります。この「IgA抗体」は、主に、喉の表面、腸の内側、気管支の内側などの粘膜表面に存在し、第1の免疫隊として外からの病原体にくっつき、体内への侵入を防ぐ働きをもつものと、第2の免疫隊として、主に血液の中に存在し体内に侵入してきた病原体を無力化するよう働きをもつものがあります。 本検査では、唾液中に含まれるIgA抗体の総量を測定しています。

IgAは体調や生活習慣と関連している!

IgAの量は体調や生活習慣と関係があることがわかっています。まずは今のあなたのIgAがどのくらいか知ることで免疫機能を高めるヒントを探っていきましょう。

どんな結果がもらえるの?

バリアチェックでは、粘膜免疫として働く、唾液中のIgA(アイジーエー)抗体量を測定し、IgAと関連のある生活習慣についてのコメントと一緒に結果をお返しします。免疫機能の維持向上につながる生活習慣の改善にお役立てください。

▼ご購入はこちらから

バリアチェックの流れ

1.検査キットを購入

内容物をご確認ください。
<キット内容物>
1.免疫検査について
2.検査の手順
3.検体採取セット(チャック袋・唾液採取容器)
4.返送用封筒

2.検査申込をする

カラダのものさしのマイページにログインし、検査申込のボタンをクリックしてお進みください。チャック袋に記載の検査IDをご入力いただき、ご質問にご回答ください。

マイページにログインするには、事前にご登録していただく必要がございます。

検査申込方法が従来と異なります。(詳しくはこちら)

▼バリアチェック マイページログイン

3.スポンジを口に含み唾液を採取して、チャック袋に入れる

検査の手順を読みながら、唾液を採取いただき、チャック袋へ入れてください。

検査の流れ3

4.返送用封筒に入れてご投函ください。

キットに同封されております返送用封筒に、3.のチャック袋を入れて、ポストにご投函ください。

5.結果が届きます

弊社へ検体到着後、約1週間ほどで検査結果がわかります。マイページにご登録いただいたメールアドレス宛にメールが届きますので、マイページにログイン後、結果をご覧いただけます。

 

注意事項

・本検査は、病気のかかりやすさや診断を行っているものではございません。

・口腔内に炎症や出血のある方は正しい数値が測定できない可能性があります。

-